ソーシャルスタイル

こんにちは、高橋です。

 

今回はソーシャルスタイルについて

お話していきたいと思います。

72ab59b53101a47488bd979e21bd42ae

ソーシャルスタイルとは、デビッドメリル氏が提唱した

コミュニケーション理論の事で、4つに分類したパターンを活用し

適切なコミュニケーションを選択すると言うメソッドになります。

 

では、その4つのパターンをご紹介していきたいと思います。

 

  • ドライバー

合理的に目的を達成させたい人の特性になっておりその特徴として

・感情(表情)は出ない。早口で淡々と自分の意見を言う人。

・せっかちで負けず嫌い。目的のためには、厳しい判断も辞さない。

 

対ドライバーの方へのコミュニケーションとして

明確さが大事なので先に結論から伝え、次にその理由と理由の詳細を

説明してあげてから再度結論を伝えてあげると喜ばれる傾向があります。

 

また勝利と言うキーワードが大事なドライバーなので

負けん気を出す事で高く評価してくれたり

何か提案する時は2〜3案の中で選んでもらうと

スムーズにコミュニケーションが取れていきます

 

  • エクスプレッシブ

自分が注目されたい人の特性。

・感情(表情)は出る。明るい雰囲気で自分の思いを言う人。
・ノリを重視。注目されたい。新しこと、話題性のあることが好き。

 

対エクスプレッシブの方へのコミュニケーションは

意見がよく変わるエクスプレッシブの方は

迅速に物事を進めてあげると良いでしょう。

ここで注意しておきたいのが意志が弱くて変わるのではなく

関心が変わりやすく、それが発言の変化になっていくので

誤解しないようにコミュニケーションをとってあげてください。

 

また、ノリを大事にしていて話が脱線しがちなので

さすがです!それで、これはこういう事ですよね?

など無理に話を戻すことはせずノリの合間で確認してあげると

良いかもしれませんね。

 

もちろんノリを大事にするタイプなのでデータは刺激程度の物として

見ている傾向があり、データを示すなら話題性を持たせ、

関心が外れないように話すと効果的です。

 

  • エミアブル

他人の気持ちを尊重し平和主義の人の特性

・感情(表情)は出る。話すより聴く。明るい雰囲気で人の話を聴く人。
・人の気持ちや全体の調和を重視。平和志向。

 

対エミアブルの方へのコミュニケーションは

一人で決めるのが苦手なエミアブルの方なので

選択肢を与えたり何かサンプルを見せてあげるなどの

決定方法だと考え込んでしまう傾向があります。

なので一緒に考えてあげるのが一番効果的とされています。

 

基本的にゴール自体に執着がないため

会話をしている時間などに価値を見出している方も居ます。

このことから話し相手になるだけでも喜ばれるケースがあるので

先を急がず一緒に会話を楽しんであげると良いかもしれませんね。

  • アナリティカル

理屈や分析を大事にする人の特性

・感情(表情)は出ない。話すより聴くこと多い人。
・データや情報を分析し、独自の見解を持つことが好き。

 

対アナリティカルの方へのコミュニケーションは

このタイプの方は沈黙したりすることが他のタイプより多く

考えを整理するために沈黙している傾向があります。

アナリティカルの方にとってこの時間はとても大事な時間なので

急かさず答えを待ってあげましょう。

 

また、データを気にする傾向がかなり強いので

前例のデータやそれに近いデータを示してあげることで

選択が迅速に進むことがあります。

 

そして頭の中で整理するアナリティカルのタイプは

時間がかかることが多く締切などを提示してあげることも

大事だと言われています。

 

最後にザックリまとめると

ドライバーは自己主張が強く感情が薄めの方

エクスプレッシブの方は自己主張が強く感情が豊かな方

エミアブルの方は自己主張が弱く感情が豊かな方

アナリティカルの方は自己主張が弱く感情も薄めな方

 

恐らく最初の挨拶の段階で2パターンに絞れ

次の問いかけで判断できてしまうソーシャルスタイルなので

興味のある方は是非試して見てください。

 

 

 

関連記事

  1. メイクの話💄💭

  2. 懐かしの・・・

  3. シュシュα店😊

  4. タンバで~す(^o^)v(^o^)v(^o^)v

  5. 食欲の秋 (;゚Д゚)!

  6. 久々の温泉♪♪(*^^*)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿者別検索

最近のコメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。